徒然もないのにつづる。

気の向くままに、思うがままに(笑)
<< ☆ラストツアーat宮古〜二日目〜☆ | TOP | ☆ラストツアーat宮古〜四日目〜☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
☆ラストツアーat宮古〜三日目〜☆
さて、睡眠時間一時間未満で迎えました、11/27(土)♪
早朝5時。
辺りは真っ暗。…朝なんか?これって感じ冷や汗
で、もって、、宮古島。されどあと数日で12月。
ってことでかなり寒い〜〜〜〜〜(>_<)
港までの車はヒーターがんがんに入れ、港についても…車から出たくない!!ショック
が、そういう訳にも行かず、とっととウェットを着る事に、、、、
このウェットがねぇ〜また、、、
濡れててヒンヤリと冷たい訳ですよ…冷や汗
うう、、、辛い。。

なんやかんやで出港となり、やっくんと二人で即船の真ん中でごろん♪(爆)
睡眠不足はダイビングの敵ですから!!(爆死)
…自業自得デスケドモ(核爆)
なんだけど…この日波が半端じゃなく高い!!強風
しかも寒かった為、かかる波しぶきっていうのがあいえない程の冷たさショック
あまりの冷たさにびっくりして起きちゃいましたびっくり
てかほーんま波高すぎ、冷たすぎで…ウェットのジャケットを頭から被り
すごくおかしな格好で耐えながら…ポイント到着!!!
本日の第一本目ポイントは、、、「中の島ホール」!
昨日の、やっくん、カー子、カールwithおーすけとゆーチームでいざ潜行なり♪

中の島ホール1  中の島ホール2

で、もって二本目は「インディホール」!!
インディホールは名前のごとく、広いホールが洞窟の中に広がったポイント。
少し狭くなった入り口を抜けると、
そこが洞窟の中って疑う程の広く抜けた空間が目の間に広がってるのです!!
早朝ダイビングのいいところは、まだ誰も潜っていない状態の海に潜れる事!
今年の宮古の海は透明度で感動はできなかったけれど
だけど、なんともいえないボワっという光が充満した
優しい不思議な雰囲気に満たされたホール。

インディホール1 インディ3 インディ2

横穴を抜けるとそこは陸地へと繋がっておりました楽しい
のでみんなで勿論記念撮影♪カメラ

インディ記念撮影

てか、この日も当然のごとく私は常に写真を撮りまくり見る
ああ、広くとれるようになるレンズが欲しい。。
もっとうまく撮れるようになりたい!!
カメラに対する課題はまだまだ山積みなり〜しょんぼり
 
こうして我々のダイビングは本日、昼頃には終了となる。
ってことで行っちゃいましょー♪もちろん宮古観光へと♪嬉しい
1回生の時に来た宮古はまったくって言っていい程観光とは無縁だったので
すごく嬉しい♪すごくワクワク♪
の、前に近くのホテルの温泉にてみんなキレイキレイ女
さぁって、ドライブしながらの一か所目は竜宮展望台!
ドライブ車っていうよりも、、実際は畑を突っ切った感がどうもあるんですがね、
おー○けさん真相はいかがなもんでしょう?(笑)
ちょっといやな思い出があった場所だったんやけども、、昼間はさすがに
宮古の海が一望できてすごく奇麗☆☆
八干瀬やっけな?すごい数の珊瑚が海に濃淡の色合いをつけてて
ああ、ここは南の島なんだなって改めて実感。
潮風がとっても気持ちよかった〜楽しい

竜宮城展望台  記念撮影 竜宮
帰りは来間大橋で一旦停車。
もう、、下はさっきよりもちゃんと珊瑚が見える!!
年に一回の干潮の日には珊瑚が地上に出てまるで島のように見える事から
「幻の大陸」と呼ばれてるそうな。
島に見える程の珊瑚ってのもすごいよね〜☆

前島ビーチでジェットスキーに乗ってた岡山出身のおじさん達とちょっと
しゃべり、噂のマンゴーソフトを目指しいざ行かんっ!!!!
途中少々迷うも、無事に到着し食したソフトがうまいのなんのって!!ときめき
私は欲張って、バナナ、パパイヤ、マンゴーのミックスされたん
食べたんやけども、やっぱ一番おいしかったのはマンゴーソフト♪
梅田にも生の果物を凍らせて、それを生乳ソフトにブレンドしてくれるとこ
あるんやけど、やっぱ産地!
マンゴーの風味が違うのです♪ほーんま幸せでした☆

たっぷり3時間程爆睡をし、
夜は宮古にこんなお洒落なレストランあったんや!!びっくり
ってくらいお洒落なイタリアンレストラン♪
なんでも島の食材を使ったイタリアンらしく、店にはピザ焼き用の釜がある
本格的さ拍手
2500円でかなりお腹がパンパンにしかもおいしくなれて幸せ一杯楽しい

夜はまたまた買い置きしてたチューハイをちびちび飲みながら語る。
あはは、宮古に来てまで毎日飲酒してるわ〜(笑)
そうして朝9時半集合たちの夜はゆっくりとふけて行く。(笑)
さーくる | 00:00 | author なんば。 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:00 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://number-c-c.jugem.jp/trackback/36
トラックバック